幼児コース園児コース小、中学生コース
 
園児組紹介

これまで受身の経験が多かったお子様が、身の回りの物に関心を持ち、疑問を持ったり自己主張を始めます。

好奇心旺盛なこの時期に、少しずつ考える力の基礎を育て、同時に友達との協調性を養います。

考える力が育つと、様々な場面で自ら積極的に考えるようになり、出来た!という達成感は自信にもつながります。

少しずつ、普段の生活の中でも、自分で考える、触る、聞く、見る、予想するといった行為を行い多くの体験から興味を持って接する、覚えるだけではなく理解することができるように育てるコー スです。

意味も分からず結果だけを覚えた「見える学力」ではなく、実際に利用、応用のきく「見えない学力」を伸ばします。小学校の先取りとして、意味も分からず詰め込むことは致しません。

言語領域

一音一文字、 ひらがな、カタカナ、漢字、ことばづくり遊び(2文字、3文字、4文字)、難語、反対語カルタ、漢字カルタ、ことわざカルタ、同頭音、同尾音、しりとりあそび、頭とりあそび、ようす言葉、かざり言葉、動き言葉、短文づくり、漢字絵本読み、お話しの内容表現、日記および作文トレーニング、俳句作り、説明表現訓練、聞きとり練習および意味の把握、関係性の理解、他

数の領域

5の合成ゲーム、10の合成ゲーム、5珠そろばん、10珠そろばん、数の瞬間判別ゲーム、すごろく計算ゲーム、数量感サイコロ、10面サイコロ、計算(足し算、引き算)、時計、計算お金の認識、買物ゲーム、時計あそび、数のやりとり、数のつりあい、等分(連続量、分離量)、1対1対応、数の分割(1対複数対応)、数の量および順序の理解、お金の両替、連続量の線分化、数量感と実際の量の認識、置き換え交換ゲーム、助数詞、他

思考

単積み木、順列あそび、色碁石法則性遊び、対応および逆対応、分類遊び、仲間はずれ、重ね図形遊び、鏡図形遊び、影絵さがし、位置の対応、平織り、空間位置関係カルタ、迷路、色の合成あそび、各種パズル、タングラム、チューター(構成、類似判別)、ひも通し(2×6穴、4×4穴)、点つなぎ、座標軸盤、左右認識、方眼上の位置認識、三角形の移動、立方体の移動、二キーチンみんなの積み木、レンガ積み木による立体構成、線対称図形、回転図形、回転位置移動、ヒントゲーム、地図上の移動、順対応および発展思考ゲーム、色々な移動、位置の把握、じゃんけん、シーソー、つりあい、逆対応、魔法の箱、鏡、問題解決方法を考える、複合要素および複合条件下の考える問題、色々な物の比較系列相対化、他

記憶

一枚の絵記憶、野菜果物直の瞬間記憶、色碁石マス記憶、色つみき記憶、モンタ−ジュ絵合わせゲ−ム、おもしろモンタージュ遊び、動物のかお記憶、記号記憶、スティックパターン記憶、絵カード直観像記憶、絵カードフラッシュ記憶、絵カードイメージ記憶、音声記憶あそび、音の数の記憶、お話しの記憶、記憶による○×正誤判別ゲ−ム、消えたものなあに? 他

フラッシュカード

道徳、一般常識、時間、日付、曜日、月、季節等の認識、行事、詩、俳句、ことわざ、四字熟語、慣用句、名画、日本昔話、外国の昔話、社会科系知識カ−ド(交通標識、国旗、地図記号、天気記号、日本地理、他)、理科系知識カ−ド(動物、植物、昆虫、星座、理科、理科実験および観察、一般マナー、一般ルール、緊急時の対応、他

巧緻性

紐結び(ちょうちょ結びなど)、ビーズ紐通し、そろばん玉紐通し、箸れんしゅう、折り紙、はさみ切り、紙工作、日常生活内での必要なこと(運筆、たたむ、脱ぐ、しぼる、干す、しばる)他

造形   

絵描き歌、塗り絵、形の模写、欠所補完、パズルやブロックを使った自由表現+立体、他